title
home medical preventive antiaging antiaging member
sa当クリニックについて
saドクター紹介
sa診察項目
sa医療情報
saドクターKのこだわり
saアクセス
saお問い合わせ

シリコンバレー オフィス
Melchor Pavillion
2490 Hospital Drive,
Suite 105
Mountain View CA 94040
Tel. 650.962.4630
Fax. 650.962.4631


サンフランシスコ オフィス
490 Post Street,
Suite 1244
San Francisco CA 94102
Tel. 415.699.6495/
415.834.5114
Fax. 415.834.5812

E-mail:
info@kobayashi-naika.com

medical info sa医療情報目次へ

12. アメリカでドクターを受診するのに必要な英語の知識
(その1):総論と一般的な医学用語


第1部:ドクターオフィスを受診するために役に立つ英語の知識

アメリカで、英語を使ってドクターを受診する際に、あらかじめ知っておくと便利な予備知識をまとめてみました。

(1)予約(appointment)の取り方 
電話をかける前に、予約の際に必要な以下の項目について、あらかじめ答えの準備をしておきましょう。
a)どのドクターの診察を受けたいか(which doctor?)
b)受診の理由は(reason for the visit?)
c)専門医(specialist)受診の場合は、紹介ドクターの名前(referring doctor?)
d)保険の種類は(which health insurance?)
e)希望する日時は(which day? what time?)

(2)受診当日 
初診の場合には、記入しなければならない書類がいくつかありますので、できれば予約時間の15分前ぐらいに到着するようにしましょう。

英語で記入を求められる書類には、
a)名前、生年月日、住所、連絡先、保険などの情報を記入する用紙
b)病歴を記入する用紙(medical history)
c)HIPPAと呼ばれる個人情報(privacy)の取り扱いについての同意書
などがあります。医療英語にあまり自信のない方は、受診に先立って用紙を取り寄せて、自宅で記入することをお勧めします。

病歴用紙にて記入を求められるのは、
a)過去に罹った病気、あるいは現在治療している主な病気(既往歴 past medical history)、手術を受けたことがあればその病名(手術歴 past surgical history)、入院したことあればその病名(入院歴hospital admission)
b)常用薬があれば、その薬の名前(medication)と摂取量(dose)
c)薬剤アレルギー(drug allergy)の有無とその症状(reactions)、その他のアレルギー(食べ物 food、ペット pet、その外の環境要因 environmental factors など)の有無
d)血縁者の罹った主な病気(家族歴 family history)、例えば、心臓発作(heart attack)、高コレステロール(cholesterol)、糖尿病(diabetes)、癌(cancer)など。心臓発作や癌などはその家族が発病した年齢なども聞かれます。
e)生活習慣(life history)について、例えば喫煙歴(smoking history)として一日の平均本数と喫煙期間(年)、禁煙した場合にはその年、飲酒する人は酒の種類とその一日の平均量、コーヒー摂取量、定期的な運動の有無など。女性では、最終月経の開始した日も聞かれます。

専門医を受診した場合には、特にその専門科に関連した病歴について、詳しく質問されます。

(3)医師の診察
いよいよドクターとの対面ですが、英語が不得手でもあまり心配しないように。アメリカのドクターは、一般にフレンドリーで紳士的です。多くのドクターは、たとえ患者さんの母国語が英語でなくても、その訴えを理解しようと真摯に質問をしてきます。患者さんがよりくつろげる雰囲気を作ろうと、親しみやすく話しかけてきますので、あまり緊張せずに受け答えをしましょう。わからない点があれば、遠慮せずに質問をしましょう。英語の発音に自信がない場合には、身振りや手振りを加えたり、筆談をしてもかまいません。

医師が患者さんとの会話を通して知りたいのは、その患者さんがどの様な医学的背景(medical background)を持っていて、現在どの様な症状を訴えているかということです。その主な症状(主訴chief complaint)について、いつから(when started?)、どのように発症し(how started?)、その後どのように経過しているか(how changing?)、その症状が悪化したり改善したりする要因があるか(modifying factors?)、他に随伴する症状はあるか(other symptoms?)、などが質問されます(現病歴history of present illness)。いくつかの主訴がある場合には、以上の質問のポイントを受診する前にまとめておくと良いでしょう。

必要な診察が終わった後に、医師より診断名(diagnosis)、あるいはその鑑別診断(differential diagnosis)の説明があります。検査がオーダーされる場合には、その内容(例えば血液検査、放射線検査など)、その検査が必要な理由、あるいは検査法の選択肢(alternatives)、などが説明されます。また治療を開始する場合にも、治療の内容とその予想される副作用(adverse effects)、治療の選択肢(therapeutic option)などの説明があります。一般にアメリカでは日本と比べて、患者さんの自主性がより尊重されます。検査や治療について、どのような選択肢があるのかを十分に理解することは、患者さんの権利であり、またドクターの義務でもあります。一人のドクターの説明に納得がいかなければ、他のドクターの意見(second opinion)を聞くことも、アメリカでは一般的に行われています。

(4)受診後のフォローアップ
医師の診察が終了すると、その後の経過観察(follow up)の方法について指示が出るはずです。例えば、一定期間後に再受診する(return)、あるいは処方薬を内服し様子をみて症状が改善しなければ再受診する、などです。特に救急病院などでは、経過観察の内容を記載した用紙を渡されることもあります。フォローアップは非常に重要です。特別な理由がない限り、必ずその指示に従ってください。良くわかない場合には、ナースや受付に必ず確認してください。

アメリカでは一般に、検査の結果は電話で患者さんに報告されます。日本のように結果説明だけのために、何度もオフィスを訪れるということはあまりありません。重要な事項を聞き逃しては困りますので、英語が良くわからない場合には、結果報告のコピーを直接オフィスに取りに行ったり、郵送やファックスで送ってもらうよう依頼すると良いでしょう。

------------------------------------------------------------------------------

第2部:医療用語集 Medical Terminology

医療に関する一般用語について、以下の順序でご紹介します。

(1)病院用語 Hospital Terminology
(2)医薬品に関する用語 Pharmacological Terminology
(3)検査に関する用語 Test Terminology
(4)専門科の名前 Medical Specialties
(5)症状を表す用語 Symptoms


(1)病院用語 Hospital Terminology
adhesive tape, surgical tape 絆創膏
admission, hospitalization 入院
ambulance 救急車
ambulation 歩行、外来通院
bandage 包帯
billing 医療費請求
cast ギブス
clinic クリニック
clinical history, medical history 病歴
community hospital 市中病院
compress 湿布
critical condition 危篤、危険な状態
delivery room 分娩室
diagnosis 診断
differential diagnosis 鑑別診断
dialysis 透析
dietitian 栄養士
discharge 退院
drip infusion 点滴
emergency 救急
emergency entrance 救急用入口
emergency hospital     救急病院
ER (emergency room) 救急室
euthanacia 安楽死
examination 検査、診察
general health check-up, physical examination 健康診断
general health status 一般健康状態
hospice ホスピス
hydrogen peroxide オキシフル(過酸化水素)
ice bag 氷袋
ICU (intensive care unit) 集中治療室
immunity 免疫
infection 感染
injection 注射
inpatient 入院患者
irrigation 洗浄(傷口などの)
laboratory 検査室、試験室
living will リビングウィル(自らの意思で延命治療をしないことを宣言する文書)
medical staff 医師スタッフ
monitoring モニター
NICU (neonatal ICU) 新生児集中治療室
nosocomial 病院の
nurse 看護師
nurse station 看護室
nutrition 栄養
observation 観察
occupational therapy 作業療法
on call doctor 当番医
operation 手術
OR (operation room) 手術室
organ donation 臓器提供
outpatient 外来患者
outpatient surgery 外来手術
patient 患者
patient registration 患者情報登録
pharmacy 薬局
physical therapy 理学療法
prescription 処方
prevention 予防
reception 受付
recovery room 回復室
referral 紹介
registered nurse 正看護師
rehabilitation リハビリ
resuscitation 蘇生
second opinion セカンドオピニオン(他のドクターの意見)
side effect, adverse reaction 副作用
social worker ソーシャルワーカー(医療や福祉に関する社会的問題の解決をサポートしてくれる人)
splint スプリント(副止)
sterilization, disinfection 殺菌、消毒 
stethoscope 聴診器
stretcher 担架
test 検査
thermometer 体温計
rectal- 直腸体温計
oral- 口腔体温計
under arm- 腋窩体温計
urgent care 救急手当、簡易救急施設
vaccination, immunization 予防接種
vital sign バイタルサイン(呼吸、血圧、心拍など生命維持に必要な体のサイン)
waiting room 待合室
walk-in ウオークイン(予約なしでサービスを受けること)
ward 病棟
wheel chair 車いす

(2)医薬品に関する用語 Pharmacological Terminology

1)薬の形態を表す用語
caplet カプレット(錠剤の上にカプセル状のコーテイングをしたもの)
capsule カプセル
cream クリーム(主に水性基剤のサラサラしたもの)
ear drop 点耳薬
eye drop 点眼薬
inhaler 吸入薬
liquid 液剤(水薬)
ointment 軟膏(主に油性基剤のべとべとしたもの)
powder 散剤(粉薬)
spray スプレー
suppository 座薬
tablet 錠剤

2) 薬の強さを表す用語
regular 標準
extra-strength 効果の強いもの
plus さらに強いもの
maximum 最も効果の強いもの

3)薬の種類を表す用語
analgesics, pain reliever 鎮痛薬
anesthetics 麻酔薬
antibiotics 抗生物質
antidiarrheas 止痢剤
antidepressants 抗うつ剤
antidote 解毒剤
antiemetics 制吐剤
antifungals 抗真菌剤
antihypertensives 降圧剤
antihitamines 抗ヒスタミン剤
antipsychotics 向精神薬
antitussives, cough medicine 鎮咳剤
antipyretics 解熱剤
antiulcer 抗潰瘍薬
antivirals 坑ウィルス剤
anxiolytics 抗不安薬
chest rubs 胸に塗る風邪薬
birth control pills 経口避妊薬
cold medicine 風邪薬
contrast media 造影剤
decongestants 抗うっ血薬
diuretics 利尿剤
herb medicine 漢方薬
intranasal 経鼻投与の
laxatives 下剤
muscle relaxant 筋弛緩薬
mydriatics 散瞳剤
NSAID 非ステロイド性抗炎症剤
nutritional 栄養剤
opioids 麻薬
oral 経口投与の
sedatives 鎮静剤
sleeping pill 眠剤
steroids ステロイド
sublingual 舌下投与の
systemic 全身投与の
topical 局所投与の
vitamins ビタミン

(3)検査に関する用語 Test/Examination Terminology

1)血液検査 Blood Analysis
antibody 抗体
antigen 抗原
biochemistry test 生化学検査
blood test/analysis 血液検査
blood sugar 血糖
blood type 血液型
CBC (complete blood count) 一般血算
electrolytes 電解質
fasting 空腹時
hemoglobin ヘモグロビン
kidney (renal) function test 腎機能検査
liver function test 肝機能検査
plasma 血漿
platelet 血小板
random 随時(食事や時間制限などのないこと)
red blood cell 赤血球
serum 血清
tumor marker 腫瘍マーカー
white blood cell 白血球

2) 放射線科検査 Radiological Study
angiogram 血管造影検査
barium enema 大腸バリウム検査
bone density scan 骨密度検査
contrast media 造影剤
CT (computed tomography) scan  CTスキャン
echocardiogram 心エコー検査
isotope アイソトープ
MRI (magnetic resonance imaging) 核磁気共鳴イメージ
mammogram マンモグラム(乳癌検査)
nuclear medicine 核医学
sonography, ultrasound test 超音波検査
upper GI fluoroscopy 胃バリウム検査
X ray X線検査

3)その他の検査 Others
audiogram 聴力検査
biopsy 生検
cytology 細胞診
EEG (electroencephalogram) 脳波検査
EKG (electrocardiogram) 心電図
fecal occult blood test 便潜血反応
hearing test 聴力検査
pathology 病理検査
pregnancy test 妊娠反応
spirogram (pulmonary function test) 呼吸機能検査
stress test 心臓負荷試験
tuberculin test (PPD test) ツベルクリン反応
urinalysis 検尿

(4)専門科名 Medical Specialties
acupuncture 鍼治療
allergy アレルギー科
anestheology 麻酔科
bonesetter 接骨医
cardiology 心臓科
dental hygiene 歯科衛生
dentistry 歯科
dermatology 皮膚科
endocrinology 内分泌科
gastroenterology 消化器科
gynecology 婦人科
hematology 血液科
internal medicine 内科
nephrology 腎臓病科
neurology 神経科
neurosurgery 脳神経外科
obstetrics 産科
oncology 腫瘍科
ophthalmology 眼科
oral surgery 口腔外科
orthodontics 歯矯正科
orthopedics 整形外科
otolaryngology, ENT 耳鼻咽喉科
pediatrics 小児科
pharmacy 薬局
podiatry 足病科
proctology 肛門科
psychiatry 精神科
pulmonology 呼吸器科
radiology 放射線科
rheumatology リウマチ科
surgery 外科
urology 泌尿器科
vascular surgery 血管外科

(5)症状を表す用語 Symptoms

 1)時間経過を表す形容詞
acute 急性
subacute 亜急性
chronic 慢性

 2)頻度を表す形容詞
continuous, persistent 持続性の
frequent 頻回に
intermittent 間欠性の
recurrent 繰り返しの
transient, temporal 一過性、一時的

 3)程度を表す形容詞
mild, slight 軽度
moderate 中等度 
severe 重度

 4)分布を表す形容詞
symmetrical 対称性
asymmetrical 非対称性
unilateral 片側
bilateral 両側
localized 局所性
generalized 全身性

 5)数を表す形容詞
single 単発性
multiple 多発性

 6)時期、時間帯を表す形容詞
daytime 昼間の
nocturnal 夜間の
perennial 通年性
seasonal 季節性

 7) 痛みを表す用語
ache  体などが鈍く持続的に痛むこと
have a pain  体の特定の部分に痛みを感じること
hurt  体の特定の部分が痛むこと(痛い部分が主語になる)
be sore  傷、炎症、筋肉疲労などにより、体全体あるいはその一部が痛むこと
smart  傷などがひりひり(ずきずき)痛むこと
sting  鋭く激しい痛み

8) 痛みの性質を表す形容詞
burning 焼けるような
colicky 疝痛の(主に胃腸に由来する痛み)
crampy 痙攣するような
dull 鈍い
piercing 刺すような
pressing 圧迫されるような
prickling チクチクするような
radiating 放散するような
sharp 激しい
squeezing 締め付けるような
tearing 引き裂くような
throbbing がんがんするような

9)その他の一般症候
aftereffect 後遺症
anorexi 食欲不振
back pain 背部痛
chest pain 胸痛
chill 寒気
cyanosis チアノーゼ
dizziness めまい(ふらふら、宙に浮くような)
drowsy うとうとする、眠たい
edema 浮腫、むくみ
fat 太った
fever, febrile 発熱、熱のある
fatigue, malaise 疲労、倦怠感
headache 頭痛
hot flush 顔面紅潮
itchiness, itchy 痒み, 痒い
leg cramp 足の痙攣
low back pain 腰痛
lymphadenopathy リンパ節腫脹
night sweat 寝汗
numbness しびれ
pallor of the face 顔面蒼白
shoulder stiffness 肩こり
sore throat 喉の痛み
sweating 発汗
temperature 体温
thirst, thirsty のどの渇き, 渇いた
vertigo めまい(回転性)


 
Copyright © 2010, Kobayashi Medical Clinic All rights reserved.