title
home medical preventive antiaging antiaging member
sa当クリニックについて
saドクター紹介
sa診察項目
sa医療情報
saドクターKのこだわり
saアクセス
saお問い合わせ

シリコンバレー オフィス
Melchor Pavillion
2490 Hospital Drive,
Suite 105
Mountain View CA 94040
Tel. 650.962.4630
Fax. 650.962.4631


サンフランシスコ オフィス
490 Post Street,
Suite 1244
San Francisco CA 94102
Tel. 415.699.6495/
415.834.5114
Fax. 415.834.5812

E-mail:
info@kobayashi-naika.com

アメリカでの人間ドックの位置づけ sa人間ドックメインページへ
  アメリカには基本的に人間ドックという仕組みがありません。病気の早期発見をする目的で、全身の詳細なスクリーニング検査を行うという習慣がないのです。

アメリカの医療保険は病気や怪我の診断や治療をするためのものです。症状がないのに単なるスクリーニングの目的で総合血液検査やX線検査、胃の検査や超音波検査を行い、それを保険請求することは法律で禁じられています。

「Physicians are required to only order those tests that they believe are medically necessary for the diagnosis and treatment of their patients. A physician who orders medically unnecessary tests for which insurance reimbursement is claimed may be subject to civil penalties.」

これはMedicareという公的保険を含むアメリカの医療保険で定められている規則です。患者さんが実際に訴えている症状の診断や治療に必要ではない検査の保険請求をすることは許されません。アメリカの医療保険でも、Physical examと言って年一回チェックアップを受けるという仕組みはありますが、そこで調べられるのは保険で定められた最低限の項目にすぎません。例えば血液検査は、特別な理由がなければ、コレステロールなどの血中脂質に限られています。もちろん胸部X線や胃の検査を受けることはできません。これでは私たち日本人がイメージする健康診断という名には程遠く、単なる身体測定と言っても言い過ぎではありません。日本で日常行われている定期健康診断という仕組みに慣れた人は全く満足できません。

当クリニックで行っているのは皆さんが親しんでいた日本式の人間ドックです。アメリカの医療保険の制限にとらわれることなく、質の高い健康診断を実現するため、プライベートサービスとして提供しています。日本人特有の病気のなりやすさを考慮し、胃癌などの病気を早期に発見するための効率的なプランを用意しています。実際にこれまで少なくない早期癌が発見されています。

企業と医療保険会社と間に特別な契約が結ばれ、日本式の人間ドックの少なくとも一部を給付することもあります。そのような例外を除き、アメリカの医療保険制度の規則に従うという立場から、当クリニックで行う人間ドックは原則的に保険請求をいたしません。ご理解いただけると幸いです。

 

 

March 7, 2017




 

 
Copyright © 2010, Kobayashi Medical Clinic All rights reserved.